*

Apache:サーバー起動時の自動起動設定

公開日: : 最終更新日:2014/09/23 Apache


linuxサーバーでサーバー起動時にApacheを自動起動する為の設定です。chkconfigをonするだけなので簡単に設定できます。

 

環境情報

OS:CentOS 6.4 32bit

 

設定方法

大抵の場合において、Apacheのインストール時にchkconfigにサービスが登録されていますので、設定を確認して、offの場合はonに変更します。

# chkconfigの設定確認
[root@centos64 vagrant]# chkconfig --list | grep httpd
httpd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off

# chkconfigをonに変更
[root@centos64 vagrant]# chkconfig httpd on

# chkconfigの設定確認
[root@centos64 vagrant]# chkconfig --list | grep httpd
httpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

# 自動起動を停止する場合はoffに変更
[root@centos64 vagrant]# chkconfig httpd off

 

自動起動設定を有効化したので、次回のサーバー起動時から自動でapacheが起動されます。

ad_right_top

関連記事

blog_logo_small

Apache:CentOSへのApacheインストール

linuxサーバーへのapacheのインストール手順について掲載します。   環境

記事を読む

blog_logo_small

Apache:configファイルのチェック

Apacheの設定を変更することは良くあるかと思いますが、記述を間違えていて起動エラーでサーバーを止

記事を読む

blog_logo_small

【Apache】 Aliasを設定してサブディレクトでDocumentRoot以外を参照する

今回はApacheのAlias設定について紹介したいと思います。この方法を使うと、あるサブディレクト

記事を読む

blog_logo_small

Apache:mod_rewriteでURLを正規化

今回はApacheの「 mod_rewrite」を使用してURLの正規化の方法を掲載します。

記事を読む

blog_logo_small

Apache:KeepAliveの設定

ブラウザでwebページを表示する場合、htmlに加えて複数のcssやjavascriptなどのファイ

記事を読む

blog_logo_small

【Apache】 ReverseProxy(リバースプロキシ)を設定してサブディレクトで別サーバーの内容を表示

今回はApacheのリバースプロキシ設定について紹介したいと思います。この方法を使うと、urlのある

記事を読む

google以外広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ad_right_top

linux-pen
【cron】秒間隔で定期実行する為の設定方法

コマンドを定期実行させたい場合に利用するcronですが、普通に利用する

blog_logo_small
【Apache】 ReverseProxy(リバースプロキシ)を設定してサブディレクトで別サーバーの内容を表示

今回はApacheのリバースプロキシ設定について紹介したいと思います。

blog_logo_small
【Apache】 Aliasを設定してサブディレクトでDocumentRoot以外を参照する

今回はApacheのAlias設定について紹介したいと思います。この方

no image
2015:新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。 昨年はたくさんの方々に当ブログ

blog_logo_small
MySQL:外部ホストからのDBアクセス方法

MySQLではデフォルトで外部ホストからのアクセスを許可していないので

→もっと見る

  • アクセスカウンター
PAGE TOP ↑