*

linux:スワップ(swap)領域の作成と削除

公開日: : Linux


基本的には搭載しているメモリ内で上手く運用することが望ましいですが、古いサーバーを使っていてメモリを増設できない場合や時たま実行する重い処理が大量のメモリを使うなど、スワップ(swap)を使いたい場合はままあるかと思います。

ということで、linuxサーバーでのスワップ(swap)の作成方法と削除方法を掲載します。

 

現状のスワップ(swap)領域の確認

現状のスワップ領域については下記コマンドで確認できます。

# cat /proc/swaps

“used”カラムが各スワップ(swap)領域の内、使用されている容量になります。

 

スワップ(swap)領域の作成

スワップの作成はディスク上にスワップ用のパーティションを作成する方法と通常のファイルシステム上にスワップ用のファイルを作る方法があります。今回は後者の方法をとります。

スワップ(swap)ファイルの作成

dd if=/dev/zero of=”スワップ用ファイルのパス” bs=”単位” count=”サイズ”

1GBのスワップファイルを作る場合は下記のようになります。

dd if=/dev/zero of=/swap/swap1 bs=1M count=1024

ファイルを確認すると指定どおりに作成されていることが分かります。

ls -l /swap

-rw-r–r– 1 root root 1073741824 Jun 16 20:06 swap1

 

ファイル属性の変更

作成したファイルをスワップ用ファイルとして属性変更します。

mkswap /swap/swap1

 

作成したファイルをスワップとして登録

作成したファイルをスワップに登録します。

swapon /swap/swap1

最初のコマンドと同様にスワップ領域を確認すると

cat /proc/swaps

Filename                            Type          Size         Used    Priority
/swap/swap1                     file            1048572  0         -1

スワップ領域として登録されたことが分かります。

 

fstabに領域をswapとしてマウントするように記述します

一時的な利用ではなく、再起動後も継続してスワップとして利用する場合はfstabに下記記述をする必要があります。

/swap/swap1           swap        swap    defaults        0    0

 

スワップ(swap)領域の削除

登録してあるスワップを無効化します。

swapoff /swap/swap1

後は使わなくなったファイルを削除すれば完了です。

rm /swap/swap1

 

 

ad_right_top

関連記事

linux-pen

【cron】秒間隔で定期実行する為の設定方法

コマンドを定期実行させたい場合に利用するcronですが、普通に利用すると最小で1分間隔までしか設定で

記事を読む

blog_logo_small

linux:CentOSにwgetをインストール

説明するまでもないですが、http/ftpでファイルダウンロードができるwgetのインストール方法で

記事を読む

blog_logo_small

linux:OSの確認方法

たいていの場合は使っているlinuxの種類は把握していると思いますが、忘れてしまった場合や他人のサー

記事を読む

blog_logo_small

Linux:タイムゾーン(timezone)の変更方法

apacheのログを確認していたところ、時刻がずれていたので調べてみた結果、 タイムゾーンがUTC

記事を読む

google以外広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ad_right_top

linux-pen
【cron】秒間隔で定期実行する為の設定方法

コマンドを定期実行させたい場合に利用するcronですが、普通に利用する

blog_logo_small
【Apache】 ReverseProxy(リバースプロキシ)を設定してサブディレクトで別サーバーの内容を表示

今回はApacheのリバースプロキシ設定について紹介したいと思います。

blog_logo_small
【Apache】 Aliasを設定してサブディレクトでDocumentRoot以外を参照する

今回はApacheのAlias設定について紹介したいと思います。この方

no image
2015:新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。 昨年はたくさんの方々に当ブログ

blog_logo_small
MySQL:外部ホストからのDBアクセス方法

MySQLではデフォルトで外部ホストからのアクセスを許可していないので

→もっと見る

  • アクセスカウンター
PAGE TOP ↑